ディズニー 映画

【ネタバレあり】ディズニー映画『おしゃれキャット』あらすじと感想

Amazon公式サイトより

1970年代に公開されたウォルト・ディズニーの人気映画『おしゃれキャット』。

パリの美しい街並みやゴージャスな猫たちに心癒される、おしゃれで上品な作品です。

今回は、そんな『おしゃれキャット』のあらすじと感想(ネタバレあり)を前回に引き続き、ご紹介していきます。

映画『おしゃれキャット』あらすじ(ネタバレあり)

オマリーが川に流された!

トラックの上で朝食を食べるダッチェスたち。すると、ふいに運転手の男性に気づかれ、トラックから追い出されてしまいます。「ひどいわ、意地悪な人間ね」と嘆くダッチェス。オマリーは「ああいうのは多いよ」と言います。

ダッチェスたちが線路の上を歩いていると、ふいに汽車が走ってきました。あわててくぼみに隠れるも、マリーが線路の下の川に落ちてしまいます。オマリーはあわてて飛び込みマリーを助け出しますが、オマリーは川に流されてしまいました。

下流の近くでは、双子のガチョウの姉妹、アマリアとアビゲイルがおしゃべりしながら歩いています。彼女たちは川でトーマスが泳ぎの訓練をしていると勘違いし、訓練を手伝おうとしました。

しかし、ガチョウの姉妹のスパルタな訓練に、トーマスは溺れかけてしまいます。オマリーの様子がおかしいことに気づいたガチョウの姉妹たちは、あわててオマリーを助け出します。

ガチョウの姉妹との出会い

その頃、ダッチェスたちがオマリーのもとに到着しました。オマリーを助けてくれたガチョウの姉妹にお礼を言いうだったです。オマリーも「白鳥かと思った」と彼女たちにお礼をいいます。

ガチョウの姉妹が「ご主人はハンサムね」とダッチェスにいうと、オマリーは「主人ではない」と言います。

すると姉妹は途端にオマリーに当たりが強くなり、「純真無垢なレディを弄んでいる」とオマリーを責め立てます。ダッチェスは、オマリーは友達だと笑いました。

ガチョウの姉妹は、道ばたでワインで泥酔したおじさんのウォルドーと遭遇します。おじさんをなんとか寝かしつけようとするガチョウの姉妹。そのままおじさんを連れて何処かへ行ってしまいました。

野良犬から逃げ切ったエドガー

その夜、エドガーはダッチェスたちを置きざりにした場所へと向かい、帽子と傘を取り戻しに行きます。エドガーの帽子と傘は、眠っている野良犬たちのところにありました。

エドガーが近くにやってくると、野良犬たちは足音を聞きつけますが、コオロギだと勘違いし、再び眠りました。

しかし、エドガーがこっそり野良犬から帽子と傘を取り戻そうとすると、野良犬たちはエドガーに気づき、追いかけます。しかし、エドガーに逃げられてしまいました。

オマリーとの別れ

マダムの家への帰り道の途中、少し疲れたダッチェスと子猫たちは、トーマスの友人のジャズ猫たちに会うことに。彼らのジャズ演奏を聴かせてもらい、盛り上がります。

子猫たちが眠ったあと、ダッチェスとオマリーは夜の街並みを眺めながら語り合います。助けてくれたことに感謝するダッチェス。トーマスはダッチェスと子猫たちのことが大好きだと言い、父親が必要だと話しました。

しかし、ダッチェスは「マダムを一人ぼっちにすることはできない」と言います。ダッチェスに一緒にはいられないと言われ、寂しがるトーマス。

ダッチェスたちが危ない!

そしていよいよ次の日、パリに到着しました。パリの街並みの上品さに驚くオマリー。そして、ついに猫たちはマダムの家へと帰ってきました。しかし、家の中に足を踏み入れた途端、エドガーに捕らえられます。

猫たちの声を聞いたマダムは喜びますが、猫たちの姿がなく、空耳だったと悲しみます。その頃、ねずみのロクフォールは、パリを離れようとするオマリーを見つけ、「ダッチェスたちが大変だ」と報告します。

オマリーは「ジャズ猫たちを呼びに行け」とロクフォールに伝えました。はじめはジャズ猫たちに襲われかけたロクフォールですが、オマリーの名を言うとすぐに、ジャズ猫たちはオマリーの助けに向かいます。

オマリーが家族になる

エドガーは、猫たちをアフリカのティンブクトゥに送ろうとしていました。するとそこにトーマスが到着。

ロクフォールの助けもあり、猫たちはトランクから無事、脱出します。エドガーはあわてて猫たちを捕らえようとしますが、馬に蹴飛ばされ、トランクの中へ。

エドガーが入っているトランクは、運送会社のトラックに運ばれていきました。マダムはエドガーが召使いを辞めてしまったと勘違いし、遺言からエドガーの名前を消します。そして、ダッチェスたちが帰ってきたことを心から喜びます。

そしてマダムは、「オマリーを家族に迎えたい」と言います。そして、マダムは自宅をパリ中の野良猫に開放することを宣言しました。

映画『おしゃれキャット』の感想(ネタバレあり)
by dakkoママ

子供の頃に見て以来の「おしゃれキャット」を久々に見たけど、良いわね〜♪

子供の頃は、エドガーがどうして突然かわいい猫たちを遠くへ捨てに行こうとしたのか謎でしかなかったわ。でも改めて見てみると、相続に関することだったのね。

マダムが上品!

この作品のいいところは、登場人物が上品なところね。マダムも猫たちもさすがパリ!っていう感じの品の良さだわ。「カルメン」「シャンパン」とかオシャレなワードもぽんぽん出てくるわ。

あと、なんと言ってもダッチェスの話し方や仕草ひとつひとつが上品で、見惚れちゃった。ハープを弾くシーンなんか最高だったわ〜♪

大人気キャラクター「マリー」が見られる!

あと、この作品の見どころの一つは、なんと言ってもマリーちゃんよね♪ディズニーの大人気キャラクターだけど、マリーちゃんが「おしゃれキャット」に出てるって知らない人もいるんじゃないかしら?

「すてきなレディになりたい」に一生懸命なマリー。毛繕いをするシーンとか、歌の練習をしているシーンとか可愛いかったわ。

ちょっと軟派なオマリーにも注目?

オマリーはダッチェスに美人だと声をかけて、ガチョウ姉妹に「白鳥かと思った」って言ったり、結構キザな感じよね。フランスでは、美人をナンパをしなきゃ失礼なんて言われることもあるらしいわね。

オマリーがガチョウの姉妹のことを「白鳥かと思った」って言ったら、ダッチェスが焼きもち焼いてムッとしたのが可愛かったわ。このあたりの演出も、さすがおフランスっていい感じの雰囲気よね♪パリの街並みも綺麗だったわ。

うれしいハッピーエンド♪

大人になって改めて見て気づいたけど、ダッチェスはたぶんバツイチなのよね?オマリーが主人でもないのにダッチェスといる事を知ったら、ダチョウの姉妹が「乱れてる」「堕落の極み」「なんなら目も寄ってる」とか猛ブーイング。

途中でダッチェスにもふられちゃったオマリーだけど、ダッチェスのピンチを救ったことで、家族になれたわね。ハッピーエンドで、見ていて幸せな気持ちになったわ。

見たことある方も、見たことがない方もぜひ、おしゃれで可愛い映画『おしゃれキャット』をぜひ見てみてね♪


おしゃれキャット スペシャル・エディション【Blu-ray】 【Disneyzone】 [ エヴァ・ガボール ]

広告・スポンサーリンク

-ディズニー, 映画
-, , , , , ,

Copyright© 映画・ドラマ大好き!dakkoママのあらすじ・感想ブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.